災害に備えて土嚢袋を準備【中に何を詰めればいいの】

土嚢とその準備

工事

袋の選び方

台風や豪雨などに備え、土嚢袋が必要になるケースがある。また、工事現場などにおいても土嚢袋が必要なことがある。これらの土嚢袋は、1枚数百円から数千円程度するものもあり、袋の性能などにより金額が異なるという傾向がある。土嚢袋の違いとしてあるのが、容量である。土嚢袋には通常は、土や砂利などを詰め込んで使用することとなる。容量が大きい袋では、それらを多く詰め込むことができるため、より動きにくい土嚢とすることができる。また、耐久性の違いがある。安い土嚢袋では耐久性が低いことが多く、使い捨てなどで使用することが想定されているものも多い。料金が高いものでは、耐久性が高いものが多く、何度でも繰り返し利用できる傾向がある。また、最近ではUV加工された土嚢袋などもある。これらの加工が施された土嚢袋では、耐久性がより高く長期に渡り利用できる場合がある。その他、素材による違いもある。土嚢袋では、従来のものでは麻の袋のものが多くなっていたが、ポリエチレン製の袋が中心となっている。土嚢袋を選ぶ場合には、特に耐久性を重視して購入する必要がある。使い捨てなど一先ず利用したいという程度の場合には、価格の安いものを利用すると良い。しかし、工事現場などで長期に渡り使用する場合には、より耐久性を考慮したものを購入する必要がある。UV加工されたものでは、特に紫外線に強く数年に渡り利用できる特徴がある。利用シーンに応じて選ぶことが、重要なポイントになる。

Copyright© 2018 災害に備えて土嚢袋を準備【中に何を詰めればいいの】 All Rights Reserved.