災害に備えて土嚢袋を準備【中に何を詰めればいいの】

観覧席

会場とその準備

イベント会場などを作る場合、必要となるものに観覧席がある。観覧席を設置する場合には、リース活用が最適である。リース活用であれば、必要な時に設置し不要になれば返却することができる。また、設置を行ってもらえるものもある。

工事

土嚢とその準備

大雨への対策や工事現場などにおいて、土嚢を用意するケースがある。これらを用意するために必要なものが土嚢袋であり、その耐久性や容量などにより価格も様々である。長期間利用することを想定した場合には、価格が高くても耐久性を重視する必要がある。

作業員

短期間の利用におすすめ

お祭りやスポーツイベントなどの一時的なイベントに使う観覧席はリースが便利です。費用が安く、保管場所や管理の問題もありません。組み立ては簡易なことが多く、座れる人数に応じて費用は変わります。近年は快適さにこだわったものなどもあります。

工事現場

多数確保しておこう

土嚢袋は工事現場や建設現場でよく使われています。大量に使うため、まとめて専門業者に発注することが一般的です。また、店舗などでも河川の氾濫などに備えて用意しておくことをお勧めします。専門の通販サイトもあるので購入してみましょう。

作業員

一時的なら借りた方がお得

観覧席は一時利用なら購入するのではなく、リースを利用した方がお得です。まず、専門業者に相談してみましょう。観覧席の種類によって費用も違ってきます。また、リース期間によっても違ってくるので比較が大事です。

緊急時に欠かせない土嚢

土のう袋

土嚢の新たな可能性

土嚢袋とは建築現場で出る木くずやガラ廃材のゴミ処理をするための袋です。養生や梱包用など用途によって様々な種類があり、素材はナイロン繊維を格子状に編み上げたものです。価格は1枚数十円からまとめ買いすれば50枚入りで3千円で購入できます。また土嚢袋はゴミ袋の用途だけでなく、袋に土を詰めて仮設工事や水道工事などにも使われますが最近の地盤研究では強度や耐水性など土嚢袋には優れた力があることがわかりました。地盤を強化する基礎工事や災害対策などでは通常、土にセメントを混ぜ込みますが、セメント系の固化材は土との相性があります。ですが土嚢袋を敷き詰めれば圧がかかりすぐにコンクリートの様に固まります。この土嚢工法だと、土の性質は摩擦で持っているので、袋の口を完全に包み込むと粒子性質に左右されず、安定した強度を得られます。土嚢袋に土を入れると土嚢の真上から内側に向けて圧がかかり中の土が密着します。すると大きな摩擦力がうまれ隙間が埋まりコンクリートの様に固まります。これによりコンクリートの様に土を固めず、大量の廃棄物を出さないので環境にも優しく施工も手が汚れません。土嚢袋は袋と土さえあれば、一般家庭でも簡単に作って利用することが出来ます。コンクリートの物資が不足した場所や山の斜面などは安全で有効な資材となります。経費も大幅に削減でき、袋に詰めるだけですから特別な建設機械を運ぶ必要もなく工期も大幅に短くなります。このように大変優れている土嚢工法ですが、古くから身近にありながら本格的な建築にはあまり利用されていなかったのす。近年はゲリラ豪雨や液状化対策に最適です。このような災害による被害が相次いでこの力が再び見直されてきています。また、この土嚢工法を取り扱っている業者に相談をすれば、安心して暮らすことが出来る住まいを手に入れることが可能です。もし依頼をする際には、優良な業者を探して依頼するようにしましょう。そして、緊急時のために土嚢袋の常備をお勧めします。

Copyright© 2018 災害に備えて土嚢袋を準備【中に何を詰めればいいの】 All Rights Reserved.